代々木の関節痛 代々木駅前さかいクリニックYoyogi Station Sakai Medical Clinic

代々木駅徒歩1分
タムラビル2F

TEL:03-3377-1011

全身(血液・内分泌・膠原病)関節痛

膠原病(こうげんびょう)って何?

慢性的な手足の関節症状があった場合、まず膠原病かどうかを判断します。膠原病とは自己免疫(自身の免疫系が自分の体を攻撃してしまうこと)が原因で全身性の炎症を起こす一連の病気です。関節リウマチが一番有名ですが、そのほかに全身性エリテマトーデスや皮膚筋炎、シェーグレン症候群など様々な病気があります。関節症状とともに皮膚、筋肉の症状の有無、血液検査で診断を確定してゆきます。治療は専門医療機関で行う必要があり、膠原病の可能性が高いと判断した時点で紹介します。

リウマチか、そうでないか、それが問題だ

関節が痛むという症状はそんなにめずらしいことではありません。でも関節痛があればリウマチか、といえばそんなことはありません。関節リウマチでは朝の手指こわばりが特徴的です。左右ともに手の指がこわばって動かしにくいという症状が30分以上続く場合には検査が必要です。そのほか関節リウマチでは手指の付け根の関節(MIP関節)と指の付け根から2番目の関節(PIP関節)が腫れて痛むのが特徴です。時には膝、肘、手首、足首などの関節から症状が出てくることもあります。リウマチや膠原病の関節症状の特徴は、「多発性と対称性」です。左右の手足で同じ関節部位の症状があり、また複数の関節の症状があるほど、リウマチや膠原病の可能性は高くなります。

指の一番先端の関節(DIP関節)が下向きに曲がって変形し、関節の背面が盛り上がっている状態はへバーデン結節といって、加齢に伴って生じる変形性関節炎の特徴です。リウマチではありません。膝や肘などの大きな関節が一か所だけ痛むような場合には、発赤や腫れがないかを確認し、感染性の関節炎の可能性を考えます。

膠原病にはいろいろな症状があります

寒いと指先が白くなって、びりびりした痛みを伴う状態はレイノー現象といって、膠原病によくみられる症状です。そのほか全身性エリテマトーデスでは、顔面の頬が赤くなる、頭髪が抜けやすい、紫外線ですぐに真っ赤になってしまうなどの症状がみられます。皮膚筋炎では手や指の背面の関節部が盛りあがって赤くなる、上まぶたが赤く腫れるといった症状がみられます。シェーグレン症候群では口の中が乾燥して唾が出にくい、舌が荒れてしみるなどの症状、さらに虫歯が多いなどの特徴があります。また眼が乾燥することで目がゴロゴロする、明るいところを見るとまぶしいなどの症状が現れます。そのほかにも健康診断で蛋白尿や血尿を指摘された、あるいは貧血とともに白血球減少や血小板減少が指摘された場合には膠原病の可能性も考えて検査を行います。

代々木の関節痛 代々木駅前さかいクリニック
診療科目
内科・皮膚科・アレルギー科
住所
東京都渋谷区代々木
1-38-1 タムラビル2階
最寄駅
代々木駅徒歩1分
電話番号
03-3377-1011
診療時間 日・祝
10:30 ー 14:00
15:30 ー 18:30
caloo
caloo