代々木の貧血、立ちくらみ 代々木駅前さかいクリニックYoyogi Station Sakai Medical Clinic

代々木駅徒歩1分
タムラビル2F

TEL:03-3377-1011

全身(血液・内分泌・膠原病)貧血、立ちくらみ

それは本当に貧血ですか?

私たちが日常的に使う「貧血」という言葉には、赤血球中のヘモグロビンが作られなくなる本当の意味での貧血と、鉄は十分にあるけれども低血圧などで脳に十分な血液が送られない状態の脳貧血の二通りがあります。ヘモグロビンが足りない場合の貧血は疲れやすさが症状の中心になります。立っていたら血の気が引いてくらくらとめまいがする、という症状は脳貧血の状態です。でも実際には、ヘモグロビンが足りなくなった貧血と、脳に十分血液がゆかない脳貧血の両方の状態である場合もしばしばあります。

鉄が足りない!

医学的な意味での貧血は、赤血球中のヘモグロビンの濃度が低下した状態です。ヘモグロビンは体中に酸素を運ぶ働きをするため、貧血になると体に酸素が十分いきわたらなくなり、疲れやすくなるのです。とくに運動をする、階段を上るなどで酸素を多く消費するときは、ヘモグロビンの低下した血液では十分に酸素を運べないために症状が出てきます。

貧血の原因で一番多いのは鉄欠乏性貧血で、鉄の不足によりヘモグロビンの産生が低下している状態です。女性は生理で定期的に出血してしまうため鉄を失いやすく、貧血になりやすいです。とくに子宮筋腫や子宮内膜症などは貧血のリスクを高めます。男性や高齢者の貧血では、体のどこかで出血している可能性を考えなければいけません。胃潰瘍や胃癌、痔、大腸がんなどの可能性を念頭において調べてゆくことになります。そのほか偏食やダイエットによる鉄不足、成長期や妊娠、授乳、激しい運動による鉄消費の増加、胃切除や胃酸分泌低下による鉄の吸収低下が原因になっている場合もあります。

鉄が足りない貧血の症状と検査

鉄欠乏性貧血では疲れやすさに加えて、爪が割れやすい、爪のふくらみが失われて平らになってしまう、味覚障害や食べ物をのみこむときにつかえるなどの症状が現れることもあります。また氷を異常に食べるようになることもよくある症状です。診察ではまぶたの裏側の色を見て貧血の程度を推定します。貧血がひどい場合には、聴診すると心雑音が聞こえる場合があります。

検査では血液中のヘモグロビン、赤血球体積、血清鉄、フェリチンを計測します。ヘモグロビンは普通12-14程度ですが、貧血ではこの値が低下しています。また赤血球体積が小さくなり、血清鉄の値が低下します。鉄欠乏性貧血の診断にあたって最も大切なのはフェリチンです。フェリチンは鉄の在庫状態を反映するものであり貯蔵鉄ともいわれ、この数値が低下していることで鉄欠乏状態が証明できます。

鉄を補給しましょう

鉄欠乏性貧血の治療は鉄剤の内服です。鉄剤には胃もたれや便秘、あるいは下痢などの副作用があるため、飲み始めの時に胃薬や整腸剤を併用することで対応します。また副作用の少ない鉄剤もあります。鉄剤を内服してヘモグロビンが正常化しても、血清鉄やフェリチンが低い値のままだとすぐに貧血が再発します。ちょうどお財布に中身は十分あっても、預金残高がさみしい状態ですね。このためフェリチン値を測定しながら、ときには数か月以上にわたって鉄剤内服を続けます。

内服治療とともに食事で鉄をとる習慣をつけることも大事です。ホウレンソウ、ひじき、卵、しじみなどは鉄を多く含む食材とされていますが、これらに含まれている鉄は非ヘム鉄という形で、吸収率は2-5%とあまり効率がよくありません。体に吸収されやすいヘム鉄は豚、牛、鶏肉、レバー、かつお、まぐろ、特に血合いの部分に多く含まれており、吸収率は15-25%と高めです。さらにビタミンCやクエン酸(果物や梅干しに含まれる)は鉄を吸収しやすくする作用があります。

その他の貧血の原因

そのほかの貧血には巨赤芽球貧血(ビタミンB12や葉酸の不足により、赤血球が作られない状態)があります。とくに胃を切除する手術をした後ではビタミンB12が吸収できなくなり、また飲酒量が多い方では葉酸の吸収が低下するために巨赤芽球貧血が起こることがあります。鉄欠乏性貧血では赤血球の体積が小さくなるのに対して、巨赤芽球貧血では大きくなるのが特徴です。そのほか、まれですが自身の赤血球に対する抗体ができてしまい赤血球が異常に破壊されることによっておこる溶血性貧血、骨髄の造血細胞の異常のために赤血球だけでなく、白血球や血小板の産生も低下する再生不良性貧血などが貧血の原因になります。白血病も貧血の原因です。まずしっかり血液検査をすることでほかの貧血の可能性を除外してゆきましょう。

朝の通勤電車のたちくらみ

朝の通勤電車で気分が悪くなり、次第に目の前が暗くなってしゃがみこんでしまうようなことはありませんか?これが典型的な脳貧血の症状です。朝、急いでいてあまり水分を十分とっていなかった状態で、しかもダッシュで駅まで行ってさらに脱水状態になってしまっています。その上、ダッシュして一時的に心臓の脈拍や血圧が上がった交感神経の緊張状態から、満員電車で身動きも取れず車内の温度、湿度が高い状態に放り込まれます。そうすると急激に交感神経の緊張状態が解除されて手足の血管がひらき、血圧、脈拍が低下して、脱水があることもあって頭に十分な血がゆかなくなります。このために気が遠くなるような状態になって立っていられなくなるのです。

どうして脳に血がゆかなくなるの?

だから朝ご飯はしっかり食べましょうね、ということになるのです。でもご飯をたくさん食べた後でも脳貧血症状が起こることがあります。消化の良い炭水化物が大量に腸にはいってゆくことで腸の血流が増加し、脳に送られるはずの血流が低下してしまうのです。これを食後低血圧といいます。またトイレで長時間いきむことで、下肢の静脈血が心臓に戻って来られなくなって脳に十分血がゆかなくなることもあります。これは努責低血圧という状態です。胃腸炎症状で脱水になっているときに腹痛がおこり、反射性に血圧が低下して失神してしまう場合もあります。これらの脳貧血状態は一時的なもので心配する必要はないのですが、このときに不整脈が起こっていないかはしっかり確認する必要があります。

代々木の貧血、立ちくらみ 代々木駅前さかいクリニック
診療科目
内科・皮膚科・アレルギー科
住所
東京都渋谷区代々木
1-38-1 タムラビル2階
最寄駅
代々木駅徒歩1分
電話番号
03-3377-1011
診療時間 日・祝
10:30 ー 14:00
15:30 ー 18:30
caloo
caloo