代々木の鼻水、鼻づまり 代々木駅前さかいクリニックYoyogi Station Sakai Medical Clinic

代々木駅徒歩1分
タムラビル2F

TEL:03-3377-1011

頭、鼻、のど(脳神経・耳鼻咽喉)鼻水、鼻づまり

鼻水、鼻づまりがなおらないと、、、

風邪の症状で鼻水が出たり、鼻が詰まったりすることはよくあります。自然経過でよくなる場合もありますが、長引いてしまうと鼻以外にもさまざまな症状が出てきます。鼻水が多量に出ている場合、就寝時に横になっていると鼻水がのどの奥に流れ込むようになって気管を刺激して咳が出てくる場合があります。これは「後鼻漏咳嗽(こうびろうがいそう)」という症状です。粘っこい痰がのどの奥にへばりついて、痰が切れない咳の形になることもあります。また鼻の奥にまで炎症が広がってしまうと頬や眉間に痛みが生じます。これが副鼻腔炎です。

だんだん眉間や頬が痛くなってきました。とくに片側だけが痛みます。

これは急性副鼻腔炎です。細菌やウイルス感染などによって、鼻の奥にある頬や眉間の骨の空間(これを副鼻腔といいます)に起こる急性の炎症です。はじめはサラサラとした水のような鼻水が出ますが、副鼻腔に分泌物がたまって化膿すると、だんだん粘り気を帯びた黄色っぽい鼻水へと変わっていきます。そのうち炎症が鼻の周囲の骨の空洞にひろがることで、額や目の奥、頬や上あごの歯に痛みが現れます。ときには熱を持って片側の頬が腫れた状態になります。症状を抑える薬(消炎酵素薬、解熱鎮痛薬など)とともに、抗生物質を服用することが一般的です。

粘っこい黄色の鼻水がよくでる。額を中心に重い頭痛がある

急性副鼻腔炎が長引いたり、繰り返したりすることによって症状が慢性化した場合は慢性副鼻腔炎といいます。一般には「蓄膿症(ちくのうしょう)」と呼ばれています。炎症が長引くと鼻の中の粘膜が分厚くなって、そのうち一部が鼻ポリープ(鼻茸:はなたけ)になることもあります。ポリープができると鼻づまりがさらに悪化します。頭が重い、疲労感、集中できないといった症状が現れてきます。においが分からなくなることがあります。また鼻ポリープがある場合には、アスピリン喘息が起こる確率が高いことが知られています。これはアスピリンやアスピリンと同じ作用を持つ解熱鎮痛剤やかぜ薬が原因となって引き起こされる喘息発作のことです。また耳の奥(中耳)や眼の奥(眼窩)にまで化膿した炎症が広がってしまう場合もあります。少量の抗菌薬を長期間飲み続ける他に、痰や鼻水を出しやすくする薬などが使われます。人によっては漢方薬が有効な場合があります。

代々木の鼻水、鼻づまり 代々木駅前さかいクリニック
診療科目
内科・皮膚科・アレルギー科
住所
東京都渋谷区代々木
1-38-1 タムラビル2階
最寄駅
代々木駅徒歩1分
電話番号
03-3377-1011
診療時間 日・祝
10:30 ー 14:00
15:30 ー 18:30
caloo
caloo